×

CATEGORY

CATEGORY

NEW CATEGORY

CONTENTS

HOME»  単品商品»  釜炒り茶

釜炒り茶鎌倉・室町時代を通じ、肥後中部を支配する阿蘇氏が政治経済の拠点を矢部郷(現在の山都町)に置いたため、この地域の味の良いお茶は広く世間に知られるようになりました。
戦国時代には、加藤清正の朝鮮出兵の際に付き添ってやって来た朝鮮の技術者が、熊本城築城後、山都町馬見原に定住し自生していた山茶で釜炒り茶を作り、産業化させました。
このお茶は葉の形状が長寄れで枯れた柳の葉に似ていることから「青柳」という銘で、後に熊本城にも献上するほどにになりました。製法もさらに広く伝播して、青柳茶は名実ともに銘茶として広く知られるようになりました。

商品一覧

並び順: