×

CATEGORY

CATEGORY

NEW CATEGORY

CONTENTS

HOME»  芳田園のこだわり

芳田園のこだわり

遣唐使が伝えたお茶

遣唐使が伝えたお茶

日本人の生活に深く根付いているお茶は、その歴史をひもとくと、遥か飛鳥・天平時代の遣唐使の時代までさかのぼります。
肥後の国では国造(くにのみやっこ)であった阿蘇氏が山中にまいたとされる唐茶が始まりと言われております。
釜炒り茶の製法もこの頃日本に伝来しました。
この製法はお茶の生葉を釜で炒るものですが、九州ではふたつの流れがありました。
ひとつは、佐賀県嬉野を中心とする嬉野茶の製法。
もうひとつは、熊本県山都町(矢部郷)・宮崎県高千穂一帯を中心に広まった青柳茶(当時青柳の名は無し)の製法。
それぞれ釜の形状や製茶の工程に違いがありましたが、ともに九州で銘茶として万民に深く愛飲されてきました。

味の良い青柳茶の伝播

味の良い青柳茶の伝播

鎌倉・室町時代を通じ、肥後中部を支配する阿蘇氏が政治経済の拠点を矢部郷(現在の山都町)に置いたため、この地域の味の良いお茶は広く世間に知られるようになりました。
戦国時代には、加藤清正の朝鮮出兵に際に付き添ってやって来た、本土の技術者が、熊本城築城後、山都町馬見原に定住し自生していた山茶で釜炒り茶を作り、産業化させました。
このお茶は、葉の形状が長寄れで枯れた柳の葉に似ていることから「青柳」という銘で、後に熊本城にも献上するほどになりました。
製法もさらに広く伝播して、青柳茶は名実ともに銘茶として広く知られるようになりました。

青柳茶から矢部茶へ

青柳茶から矢部茶へ

江戸時代になると、お茶にはそれぞれの藩によって産地の名前がつけられるようになり、「矢部茶」の銘が登場します。
明治・大正時代になると技術の進歩や嬉野の技師との交流が盛んとなり、長寄れの形状の青柳茶は丸みをおびた玉緑茶の形状に変化し、矢部茶と呼ばれるようになりました。
また、この頃には、矢部茶の技術者が西洋の技術を学び、地物の山茶を利用して紅茶の製造も試験的に始められました。(かなりの苦労があったみたいですが。)
当時、釜炒り茶「矢部茶」ともに紅茶は日本製の緑茶・紅茶といわれ、輸出品として外貨獲得の期待がかけられましたが紅茶のほうは、手間と風土、両面に適さず減少していきました。
しかし稀にできあがった紅茶には芳醇な香りと緑茶にはない、強い甘みがあるものができあがったとの伝えもあります。
大正末期には、渋みの少ない蒸製玉緑茶が登場しますが、矢部郷の茶師達は、釜炒り茶・玉緑茶・蒸製玉緑茶の製造最終工程で大釜で釜炒りする独自の釜仕上げ工程を取り入れた製法を誕生させました。
釜仕上げ工程を取り入れた矢部茶はやや黄色み掛かった水色と、お茶本来がもつほのかな渋み、飲み終わった後に口の中で広がる爽やかな甘みが特徴で口コミによって広く全国に知られるようになりました。
芳田園では、創業以来、先人の茶師たちの伝統と技術を受け継ぎ時代時代で愛飲されてきた、青柳茶・釜炒り茶・矢部茶をこれからも皆様のやすらぎの友としてお届けできるようご堪能していただければ幸いに存じます。